スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス人と日本で結婚(婚姻に必要な書類)

2011年8月16日、大安
日本の役場で婚姻届を提出し、私達は晴れて夫婦となりました。

旦那さんはイギリス人。




日本人同士だと婚姻届を提出するのも簡単。
役場に行って書類を書くだけで完了。

だけど
国際結婚となったらそう簡単にはいきません。



そして私たちは遠距離中。
彼が結婚する為に日本に来るんだけど、
その前にイギリスで必要書類を用意しないといけません。



婚姻届を提出するにあたり必要な書類は(相手がイギリス人の場合)
・婚姻用件具備証明書( Certificate of No Impediment = CNI )と日本語訳
・出生証明書( Birth Certificate )と日本語訳

※都道府県で少しずつ違うみたいなんだけど、
役場に電話で必要書類を問い合わせたら教えてくれました。
日本語訳は自分でしてもOkとの事。



イギリスでCNIを取得するのには、
レジスターオフィスに行って、日本で結婚する事を述べ、

日本のいつどこで結婚するのか?
結婚相手のフルネーム、誕生日と職業
を書類に記入しないといけません。

そして3週間、この結婚に異議申し立てがないかをどこかに掲載されるそうです。
どこに貼られるかはよくわからりません。


待つこと約1ヶ月位。
彼の手元にCNIが届きました。

彼が申請しに行ったのが7月の18日前後位
日本行きの飛行機は8月13日だったので、
彼も、「もし、イギリスを経つ日までに書類が手元に届かなかったらどうしよう?」
と結構イライラしてました。


彼はイギリスにいる間、私の配偶者ビザ申請書類も準備しないといけなかったし、
今回日本に来るのに、全て必要書類をそろえて来なければいけませんでした。





そして婚姻当日、彼とうちの両親と4人で役場へ。
夏だったので私達二人とも浴衣を購入して、浴衣を着ました。
(かな~~り目立ってましたが良い記念になりました・・・笑)
ちなみに彼は超巨人さんなので、浴衣のサイズも見つけるの大変です・・・汗

婚姻届をもらい、全て私が記入しました。
彼は日本語を話せませんから。(日本語で自分の名前だけはちゃんと練習して書けますけど。笑)

外人さんってミドルネームとかあるからややこしいよね。
ミドルネームをファーストネームかファミリーネームの欄に書くのかとか。


無事に書類を提出し、役場で記念撮影して(ビザ申請用に)
役場で待つこと30分位。
どうやら書類の不備などをチェックするのに少し時間がかかるらしい。
そしてちゃんと受理されました。

その時に、一緒に婚姻受理証明書(表彰状サイズ)の申請用紙も書きました。
これもビザ申請用に。

この書類の受け取りも1週間位かかるらしい。





次はいよいよ
イギリスの配偶者ビザ申請です!
これが、もっと大変なんだよねぇ。。。







関連記事

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

comment

管理者にだけ表示を許可する

日本での婚姻届提出

初めまして。検索をしていて、Robinさんのブログに行き当たりました。自分もイギリス人との結婚を予定しているのですが、現在日本在住の彼の日本でのビザが切れる直前です。ですので、彼は一度イギリスに帰り、書類を整えて私が一時的にイギリスに渡りイギリスで結婚するか、イギリスで彼が書類を整えて日本に来て結婚するかを検討しています。Robinさんの2011年8月16日についてのブログを拝見して、ご主人が当時結婚のために日本に来られたようですが、その際のビザを教えていただきたく、コメントを書かせていただいています。私達の場合、彼が日本のツーリストビザで再来日して、とも思っていたのですが、日本の婚姻届の内容が、結婚する両者の住所が必要で、ツーリストビザでは無理なのか、と困っているところです(日本の区役所に電話したとき、彼が住民票があり、住所がありますね、と念を押されてしまいました。彼ビザの状況を伝えたところ、役所はビザの事は知りませんから!と・・・)。イギリスで結婚するとしても、同じく私がツーリストで、となってしまいます。遠距離の場合の結婚って。。。!?と二人でアチコチに問い合わせをしているのですが、なかなか上手く情報が集まりません。お手数ですが、アドバイスいただければと思っています。ちなみに我々は結婚後は日本に住むつもりで、婚姻届をどちらかの国に出せたら、その後は彼の日本でもビザ申請をしなくてはいけません。お知恵を拝借できますでしょうか?宜しくお願いいたします。

りな さんへ

はじめまして!
訪問、コメントありがとうございます。
結婚予定なんですね~おめでとうございますe-420

私の旦那が日本に来て婚姻届を出した時を思い出していたのですが、旦那の現住所の場所は日本ではなくイギリスだったと思います。旦那にも聞いてみたのですが、旦那も同じ事を言っていました。
旦那が日本に来た時は観光ビザで約2週間ほど滞在したと思います。
必要書類は役所に電話をして確認したと思います。

ブログにも書いてある通り
婚姻届を提出するにあたり必要な書類は(相手がイギリス人の場合)
・婚姻用件具備証明書( Certificate of No Impediment = CNI )と日本語訳
・出生証明書( Birth Certificate )と日本語訳
で大丈夫でした。

日本の区役所に電話したとき、彼が住民票があり、住所がありますねと言われたんですか?
ん~~。
外国人との結婚なのに、日本に住所があるのは珍しいですよね、普通に考えて。
私たち日本人が海外に住所があるかどうかと考えたらわかりやすいかもです。
それに日本人以外に住民票って・・・
今ちょっと調べてみたら外国人も住民票が取れるように法律が改正されたんですね。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu.html
もうすでに知ってますかね・・・。(私の時は外国人は住民票ではなく外国人登録票だったはずなので)

たしか、イギリスで結婚する場合は日本で婚姻届を出すよりもややこしかったはずです。当時いろいろ調べてた時にオプションの一つとして考えたのですが、
もう詳しくは覚えてませんが、イギリスで結婚をするには日本からフィアンセビザを申請してイギリス入りし6か月以内(たしか)に結婚しなければいけない。取得してからでないと結婚できないし、イギリスにも入れてもらえなかったはずです。
しかも、結婚したあと、配偶者ビザ(スパウスビザ)を申請しないといけないのでダブルでお金を払わないといけないし、金銭的に倍払うなんてあり得ないですし、アウトになりました。

りなさん達の場合は日本に住むというのなら、尚更日本の方がてっとり早いし簡単だしお金も無料ですよね~。提出だけなので。

こんな感じで参考になりましたでしょうか?

ありがとうございます。

Robinさま、
早速の返信、そしてお祝いの言葉、ありがとうございます!
なるほど、彼が日本にツーリストビザで短期滞在して婚姻届を出せそうですね。もう一度区役所に確認をして見ます。会話に誤解があったのかも。
おっしゃるとおり、イギリスでの婚姻の届出は大変そうで、避けたい気はしています・・・。彼ともっと相談してみます。ただ、彼は1度日本を離れたら、事情でしばらくイギリスに留まることになりそうなので、実際の入籍はしばらくお預けになりそうです。その間は1度私がイギリスに遊びに行こうかなと思います。寂しいですから^^;

とても助かりました。ご主人様にも質問していただいて、ありがとうございました。

PS ブログに書き込みをする経験が初めてなので、変なところに書き込んでいたらスミマセン・・・

りな さんへ

そうですよね~遠距離は大変ですよね。
私も遠距離中は辛かったのを覚えています。
時差もあるのでなかなかスカイプも出来なかったり。(TT)
外国人と結婚するとなるとやっぱり色々と大変だったり不自由だったりすることもありますけど、お互いに頑張りましょうね~♪♪
イギリスを訪れる際、イミグレは気を付けて下さいね~。
特に、彼氏に会いに来ましたとか言ったらしつこく質問攻めにあう&入国拒否になる事もあるみたいなので。

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
プロフィール

Robin

Robin
日本と海外を行ったり来たりの生活を繰り返し、ワーホリで行ったオーストラリアでイギリス人と出会い結婚。
今は旦那、息子と娘の4人でイギリスでのんびり暮らしています。
英語、ハンドメイド、料理、育児、色んな趣味など日本と海外のお役立ち情報をもりもりご紹介!
息子のマルチ食物アレルギー(小麦、乳製品、卵、魚貝類、ゴマ、ナッツなど)やアレルギー体質(皮膚炎、喘息など)の情報なども少しづつ更新します。

世界の時間
クリックすると時間を表示
最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。